2022年 (令和4年)
8月15日(月)
Weather
午前10:00から
午後 6:00まで

ジャンル分類と50音順の並べ方だけだと、本が孤独に見えることがあります。本を文脈でつないでみると、本と本がつながって、違う表情が見えてきます。なぜ、三冊かというと・・・

 井上ひさしは「ニホン語日記」にこう書いています。『混沌たる時の流れを過去・現在・未来と三つに区切ると、時間が辛うじて秩序だったものになる。鮨屋の主人は自店のにぎりを「松・竹・梅」 に分け、鰻屋の亭主は自店の鰻丼を「特上・上・並」の三つに分けて、店の売り物のすべてを表す。混然としたものを一つで言ってはわけがわからない。二つで言っても据わりがわるい。三つに区分して言うと突然、構造が安定し、混然としたものの正体が見えてくる』

本と本 本はつながる。    
本と人 本とつながる。    
人と人 本でつながる。
さあ、「三冊堂」!開店のお時間です。

[BookShelf Image]:4832

 ひとえに刺繍と言えど様々な刺繍の種類があるのはご存知でしょうか。今回はそんな様々な種類の中から3つの種類をピックアップしました!日本の伝統的な刺繍からは『連続模様で楽しむはじめてのこぎん刺し』をご紹介。織物のように連続した幾何学模様を刺繍していくものです。本書では、こぎん刺しがどのようにして生まれた刺繍なのか。それぞれの基本の模様の紹介。簡単な模様から複雑な模様まで掲載されています。

続きを読む...

[BookShelf Image]:4828

 鎌倉から始まった幕府の歴史。源頼朝の死後より波乱が続く中で、3代目将軍の座についた実朝。しかし、長くは続かず実朝は暗殺されてしまい頼朝直系の血筋は絶えてします。『日本中世史最大の謎!鎌倉13人衆の真実』では、2代目将軍の頼家を補佐するために作られた「13人の合議制」について解説し、鎌倉幕府を深堀していきます。幕府が成立するまでの過程から、源氏将軍家が滅ぶまでの流れを詳しく紹介しています。「13人の合議制」から見る鎌倉幕府の真実にせまる一冊です。

続きを読む...

[BookShelf Image]:4817

 本格的に夏を感じるようになった季節ですが、外にお出かけするのはまだ難しい。でも、おうちの中にずっと籠っているのもやっぱり退屈。まだまだ続いていきそうなおうち時間で楽しくお出かけ気分が味わえる3冊を紹介します。
 『大切な人と行きたい妄想絶景』では、特別な人や大切な人と過ごしたい旅プランを紹介してくれます。特別な風景だから特別な人と見たい。旅先の風や空気を一緒に感じたい。そんな想いを叶えてくれる、まさに特別な1冊です。日本だけにとどまらず、世界中から選んだ絶景の数々。美しい写真とかわいいイラストに解説を添えて紹介します。見ているだけで心がときめく素敵な作品です。

続きを読む...