2017年(平成29年)
8月20日(日)
Weather
午前10:00から
午後 6:00まで

「北の本箱」とは、人の縁が次々とつながった、類稀なる世界に2つとない幕別町の宝物です。
事の発端は、『現代ニッポンにおける人生相談』(週刊朝日別冊 1997/6/15号)から始まりました。この記事で、評論家や作家のみなさんが本の置き場に悩んでいることがわかり、「幕別町がお引き受けします」と手紙を出したことから始まりました。
森村誠一さん、福原義春さん、平田オリザさん、國弘正雄さんをはじめ、これまでに寄贈された本は29,000冊にものぼり、ずっと継続して本を送り続けてくれている方もいらっしゃいます。中には専門書も数多く、幕別町図書館の大切な蔵書となっています。ぜひ、珠玉の選本による破格で本格、格別な本棚を観に来てください!
ここでは、バーチャル本棚で、その一端をご覧いただけます。
※「北の本箱」は、一部を除いて【貸出し可】です。

[BookShelf Image]:131

 1933年(昭8)生まれ。青山学院大学文学部英米文学科卒業後、ホテルマンを経て小説家に。69年(昭40)「高層の死角」で江戸川乱歩賞、72年(昭47)「腐蝕の構造」で日本推理作家協会賞、76年(昭51)「人間の証明」で角川小説賞を受賞。12歳のとき熊谷空襲(8月15日未明・日本最後の空襲)に遭ったことが、「反戦平和」の原体験となる。日本文芸家協会、日本推理作家協会会員。

[BookShelf Image]:130

 1931年(昭6)生まれ。株式会社資生堂名誉会長。文字・活字文化推進機構会長、東京都写真美術館館長、企業メセナ協議会会長、日仏経済人クラブ日本側議長、日伊ビジネスグループ日本側議長、世界らん展日本大賞組織委員会会長、文科省参与など多くの公職を務める。読書家として知られ、「文化資本の経営」「多元価値経営の時代」「ぼくの複線人生」「だから人は本を読む」「101の蘭」など著書も多数。

[BookShelf Image]:132

 1930年(昭5)生まれ。ハワイ大学卒業、カリフォルニア大学大学院修了。同時通訳の草分け的な存在で「同時通訳の神様」、「日本のライシャワー」の異名をとり、さまざまな外交交渉で活躍する。外務省参与、NHK教育テレビ講師を経て、東京国際大学商学部教授。元・参院議員。著書に「異文化に橋を架ける」「私家版和英」「英会話・ぜったい・音読」、訳書に「脱アメリカの時代」「ライシャワーの日本史」など。