2019年 (平成31年)
2月18日(月)
Weather
午前10:00から
午後 6:00まで

図書館に入荷した新しい本を、二十四節季にのせて紹介するコーナーです。話題の流行本から永遠の名著まで、さてどんな本が入ったかな?いざ、新入荷本の封切です!とくとご覧あれ!

 

 

[BookShelf Image]:471

グラスの向こうで揺らめく思いを知る『琥珀色の夢を見る』。探したその後の使い道はいかようなものか。『プロが教える鉱物・宝石のすべてがわかる本』。その無垢な瞳の向こうにはきらめく未来が。『昭和の子ども』。

続きを読む...

[BookShelf Image]:451

 センチメンタルな秋に。恋なんて、愛なんて。そう思ってもまだ誰かといることを求めてしまう人間のさが、『愛なんて嘘』。いつかあの人と暮らせたら。腐れ縁の恋人たち、住みついた妖怪と僕、さまざまの二人という関係が織りなす「暮らす」というかたち、『この部屋で君と』。どんなに想いあっても必ず二人を分かつ「死」というもの。病を患者とその家族、そこに関わる人々の視点から描いた『いつか、あなたも』。

続きを読む...

[BookShelf Image]:445

 画家、書籍の装幀や日用雑貨などのデザインを手がけたグラフィックデザイナー、詩人など、さまざまな側面をもつ竹久夢二の、幅広い作品を紹介したガイドブック、『竹久夢二の世界』。ライターの登場により、さまざまな姿に変えていったマッチ。その胸に去来したのはどのような想いか。大人のための戯画集、マッチの気持ち』。人や動物など、さまざまものをモチーフにしたヨーロッパの看板を、まちの魅力とともに紹介した写真集『ヨーロッパの看板』。皆既月食のあとだからこそ、月がもつさまざまな姿を知りたい、月 MOON』

続きを読む...