2024年 (令和6年)
5月23日(木)
Weather
午前10:00から
午後 6:00まで

[BookShelf Image]:5772

 生死の瀬戸際で、もう一人の自分が囁く「もっと面白くしよう」という誘い。書くことは不純だと言いながら、それでも書き続ける冒険家・角幡唯介がたどり着いた、行為する表現者の真髄とは。書くということの意味を問い直す『書くことの不純』
 コロナ禍前から半分隠居状態、同居の猫とも少々ディスタンスあり気味。たまに出かけることもあるが、基本的にひとりで過ごす。事件と呼べるほどのことは何も起きないきわめて平穏な日々。そんな生活の中でのささやかな発見や喜びを綴った『茶柱の立つところ』

 ※リストの書名をクリックすると詳細がみられます※

書くことの不純 角幡 唯介∥著 / 中央公論新社 / 2024.1
茶柱の立つところ 小林 聡美∥著 / 文藝春秋 / 2024.3
ひとりになったら、ひとりにふさわしく 下重 暁子∥著 / 草思社 / 2024.2
天はあおあお野はひろびろ 池澤 夏樹∥著、水越 武∥写真 / 北海道新聞社 / 2024.2
無人島には水と漫画とアイスクリーム 最果 タヒ∥著、カワイ ハルナ∥画 / リトルモア / 2024.2
小田くん家は南部せんべい店 髙森 美由紀∥著 / 徳間書店 / 2024.2
女と男、そして殺し屋 石持 浅海∥著 / 文藝春秋 / 2024.3
下町やぶさか診療所 〔4〕 池永 陽∥著 / 集英社 / 2024.2
みいちゃんのお菓子工房 杉之原 千里∥著 / PHPエディターズ・グループ / 2024.2
鳥人王 額賀 澪∥著 / 光文社 / 2024.2
芸能界 染井 為人∥著 / 光文社 / 2024.2
幽霊健診日 赤川 次郎∥著 / 文藝春秋 / 2024.2
もぐら0 矢月 秀作∥著 / 中央公論新社 / 2024.2
巡査たちに敬礼を 松嶋 智左∥著 / 新潮社 / 2024.3
母子月 麻宮 好∥著 / 小学館 / 2024.1
ひなた商店街 山本 甲士∥著 / 潮出版社 / 2024.3
せんせいあのね 1 鹿島 和夫∥著、むかい さとこ∥監修 / 西日本出版社 / 2024.3
永田町のシンデレラ 西川 三郎∥著 / 幻冬舎 / 2024.3
ヒポクラテスの悲嘆 中山 七里∥著 / 祥伝社 / 2024.3
うたう 小野寺 史宜∥著 / 祥伝社 / 2024.2
帝国妖人伝 伊吹 亜門∥著 / 小学館 / 2024.2


新着図書の一部を掲載しています。その他はこちらからご覧ください