ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

新説日本人の苗字とその起源 縄文人・弥生人のあだ名としての苗字

著者 宮内 則雄∥著、茂木 和平∥監修
著者典拠
出版者 批評社
出版年 2011.1
ページ数 215p
大きさ 20cm
ISBN
4826505388, 978-4-8265-0538-3
分類記号 288.1
内容紹介
日本人の苗字の起源は、弥生時代に韓半島から渡来した人びとが祖国の地名や種族名、職能集団名をあだ名として私称したことに始まる。「埼玉苗字辞典」をベースに旧説を覆し、日本人の苗字の起源を新たな視点で解読する。
キーワード 姓氏
おすすめ本
この本を借りた人は、以下の本も借りています。
北海道総務部文書課∥編集
児玉 幸多∥編
町民文芸まくべつ編集委員会∥編
山内 隆一∥編
丹羽 基二|著
児玉 幸多∥編
中札内村史編纂委員会∥編集
北海道開発協会∥編
間所 勉∥著、間所 正樹∥編
森岡 浩∥著

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
札内分館 一般 - 歴史4 288/ミ 103693602 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。