2018年(平成30年)
12月17日(月)
Weather
午前10:00から
午後 6:00まで

ジャンル分類と50音順の並べ方だけだと、本が孤独に見えることがあります。本を文脈でつないでみると、本と本がつながって、違う表情が見えてきます。なぜ、三冊かというと・・・

 井上ひさしは「ニホン語日記」にこう書いています。『混沌たる時の流れを過去・現在・未来と三つに区切ると、時間が辛うじて秩序だったものになる。鮨屋の主人は自店のにぎりを「松・竹・梅」 に分け、鰻屋の亭主は自店の鰻丼を「特上・上・並」の三つに分けて、店の売り物のすべてを表す。混然としたものを一つで言ってはわけがわからない。二つで言っても据わりがわるい。三つに区分して言うと突然、構造が安定し、混然としたものの正体が見えてくる』

本と本 本はつながる。    
本と人 本とつながる。    
人と人 本でつながる。
さあ、「三冊堂」!開店のお時間です。

[BookShelf Image]:2666

 著者が、実際に着物を着ている人から教えてもらったアイデアや便利グッズ、ラクに着るコツを紹介している『きもの便利帖』。一般的なきまりではなく、著者の視点で着方のアイデアやコツを紹介しています。着物を着るのが初めてという初心者の方から、すでに着ている方まで、本書を読んで、「私はこうしてみよう!」と着物生活に活用してみてはいかがでしょう。

続きを読む...

[BookShelf Image]:2662

 ビジュアルではなく、文章だけでどこまで美味しく感じさせられるのでしょうか。昭和の文豪32名の食に関する文章を集めたエッセイ集の『あさめし・ひるめし・ばんめし』。なぜ彼らの書く文章はこんなにも食欲を誘うのでしょうか?鰯や梅干し、冷や飯など、極普通の食べ物が美味しく感じ、匂いまで伝わってきます。秋の夜長に読むと、お腹が空いてくる1冊です。

続きを読む...

[BookShelf Image]:2651

 著名なヴァイオリニストを母に持ち、音楽を志していた玲は、音大付属高校の受験に失敗。私立の新設女子校に進むが、ただぼんやりと、ぼんやりと毎日を過ごしていた。そんな時、校内合唱コンクールの指揮者を担当することになって…。歌とは、本来よろこびや、祈り、誰かに届けたい思いを伝えるためのもの。歌をきっかけに、心を通わせていく女子高性たちの姿を描く『よろこびの歌』

続きを読む...