2019年 (令和元年)
5月24日(金)
Weather
午前10:00から
午後 6:00まで

ジャンル分類と50音順の並べ方だけだと、本が孤独に見えることがあります。本を文脈でつないでみると、本と本がつながって、違う表情が見えてきます。なぜ、三冊かというと・・・

 井上ひさしは「ニホン語日記」にこう書いています。『混沌たる時の流れを過去・現在・未来と三つに区切ると、時間が辛うじて秩序だったものになる。鮨屋の主人は自店のにぎりを「松・竹・梅」 に分け、鰻屋の亭主は自店の鰻丼を「特上・上・並」の三つに分けて、店の売り物のすべてを表す。混然としたものを一つで言ってはわけがわからない。二つで言っても据わりがわるい。三つに区分して言うと突然、構造が安定し、混然としたものの正体が見えてくる』

本と本 本はつながる。    
本と人 本とつながる。    
人と人 本でつながる。
さあ、「三冊堂」!開店のお時間です。

[BookShelf Image]:477

 CGでのバーチャルキャラクターと、子ども向けとは思えないセンスあるコーナーで人気を博した「ウゴウゴルーガ」。その第2期のオープニング曲だったピチカート・ファイブの「東京は夜の七時」は、キャッチ―かつおしゃれ感が満載で、異世界の空間に飛び込んでしまった気分になったのを覚えています。その曲を手がけた小西康陽の『僕は散歩と雑学が好きだった。』は、レコード、音楽、映画から旅行、日々のことなどを綴ったヴァラエティブック。なかでも、「小西康陽が小西康陽になるために読んだ100冊の本」というコーナーでは、寺山修司、和田誠、池波正太郎や高橋睦郎など、幅広いジャンルの本が紹介されています。ピチカート・ファイブは、鈴木梅花の「仮縫い」という小説から見出された美しさを目指していたのだとか。小説が音楽活動のコンセプトになるだなんて、何とも素敵なアーティストです。

続きを読む...

[BookShelf Image]:465

 道産子にとっては当たり前でも、道外の人からは変わった風習だと思われたりすることは多々あります。方言でいえば、ゴミは投げるではなく、捨てるものであるということを、自分も高校卒業後に知りました。それでは、道産子が気付いていない北海道のことを知ろう!そのためには北海道の歴史を学ぼうということで3冊を選んでみました。
 まずは、『北海道はじめて物語 北の大地の発祥と起源なんだわ!!』。巻頭の一部に「一軒屋に住んでいる人の家には、必ずといっていいほど、木彫りのクマの置物があった。」。確かに自分の家の玄関にも置いてありました、約30㎝もある真っ黒なヒグマの置物が・・・。この木彫りクマの発案者は、尾張徳川家第19代当主の徳川義親。スイスで購入したものを参考に、農場で働く人々やアイヌの人たちに収入源のない冬場の副業として勧めたのがきっかけだったそう。そのほか、建築物やグルメなど北海道を代表する物事の始まりを勉強してみましょう。

続きを読む...

[BookShelf Image]:453

 土用の丑の日や体力をつけたい時に食べるウナギは、日本人にとって身近な食べ物ですが、生物としてのウナギの生態は解明されていないことが多く、謎が多い生物です。しかし、近年の研究によってウナギがどこで産卵し、どのように成長していくのかが徐々に明らかになってきました。そこでまずは絵本『うなぎのうーちゃん だいぼうけん』で、ウナギがどんな生き物であるのか知ってみましょう。ウナギの研究をした作者が、子どもたちにもわかりやすいように誕生から一生を終えるまで、うーちゃんを主人公に描いています。日本からはるか遠い南の海で生まれたうーちゃんがどうして日本の川へやってくるのか、どうやって川で過ごして成長していくのか、生まれた海へ戻るまで長い年月をかけた大冒険がわかりやすく楽しめます。うーちゃんが再び海へ戻る時に、川へ上る時とは違って、周囲の自然環境が悪い方向へ変わっている場面がありますが、私達人間が自然の生態系を変化させていることに「ドキッ」とさせられます。

続きを読む...