2017年(平成29年)
8月21日(月)
Weather
午前10:00から
午後 6:00まで

ジャンル分類と50音順の並べ方だけだと、本が孤独に見えることがあります。本を文脈でつないでみると、本と本がつながって、違う表情が見えてきます。なぜ、三冊かというと・・・

 井上ひさしは「ニホン語日記」にこう書いています。『混沌たる時の流れを過去・現在・未来と三つに区切ると、時間が辛うじて秩序だったものになる。鮨屋の主人は自店のにぎりを「松・竹・梅」 に分け、鰻屋の亭主は自店の鰻丼を「特上・上・並」の三つに分けて、店の売り物のすべてを表す。混然としたものを一つで言ってはわけがわからない。二つで言っても据わりがわるい。三つに区分して言うと突然、構造が安定し、混然としたものの正体が見えてくる』

本と本 本はつながる。    
本と人 本とつながる。    
人と人 本でつながる。
さあ、「三冊堂」!開店のお時間です。

[BookShelf Image]:1836

 入社して3年以内に退職する人の比率が年々高まっていて、それは前向きな転職じゃない!!のだとか。入社3年目で会社を辞めてしまう子と、入社3年目にして自分の力を発揮してどんどん伸びていく子の差は、実は仕事の能力じゃないと著者。『入社3年目までに身につけておかないとヤバい社会人のルール』は、働く姿勢を確認できる1冊です。理解され伝わりやすい話し方のルールは明日から使えます。そして、メモとペンは常に携帯して、何でもメモする習慣をつけましょう。

続きを読む...

[BookShelf Image]:1824

 4月15日(土)、出版社の農文協から講師を招いて、ちょっとしたアイデアやヒントで野菜づくりが楽しくなる「やさいづくり教室」を開催します。※講座の詳細はこちらから
 実用と観賞を兼ねたポタジェにも憧れますが、まずは花より団子。野菜がおいしく育つためのコツを摑みたいところ。『農家が教える便利な農具・道具たち』は、ベテラン農家や家庭菜園を楽しんでいる人がおすすめする、これぞという農機具約240点を掲載。かがむ必要のない楽ちんな石拾いの棒など、自作した自慢の農機具も紹介さています。

続きを読む...

[BookShelf Image]:1811

 サブカル女子必見!この本は池袋・新宿・原宿・表参道・渋谷を中心に、東京にある音楽・アニメ・マンガ・ゲームに関するお店やロリータ・着物の販売店、おしゃれなカフェなどをまとめて紹介している旅行ガイド『東京おとめぐり』。今度初めてコミケに行くけど他はどこに行こう?と思っている方や、修学旅行でサブカル系のお店に行きたいけどどんなところがあるんだろう?と思っている方におすすめの一冊です。

続きを読む...