2018年(平成30年)
9月26日(水)
Weather
午前10:00から
午後 6:00まで
[BookShelf Image]:2423

 親子三人で穏やかに暮らす栗原家に、ある朝かかってきた一本の電話。電話口で「子どもを返してほしい」と言い募る女は「片倉ひかり」と名乗った。その名前は、確かに息子の産みの母の名前だった…。『朝が来る』は、子供を産めなかった者と、子供を手放さなければなかった者の葛藤と人生を描いた長編小説です。

 アイはシリアで生まれ、アメリカ人の父と日本人の母を持っている。恵まれた環境、恵まれた自分の命のことを思うと、感謝するよりも先に苦しくなる。どうして選ばれたのは自分だったのだろう。両親が選んだわけではないのだけれど…。日本で入った高校の最初の授業で聞いた「この世界にアイは存在しません」。その言葉は、アイに衝撃を与え、彼女の胸に居座り続けることになる…。『i(アイ)』は、心揺さぶられる長編小説です。
 ケイタさん(仮名)は高校3年生。幼い頃は乳児院で暮らし、2歳9か月のときに特別養子縁組制度で現在の両親と家族になりました。自分が養子だと知らされたとき、どう受け止めるのか?聞き手2人はモグラに、本人はブタの人形に変身して聞き出します。「元薬物中毒者」や「宝くじ1億円当選者」など、顔出しNGの17人のゲストの、人形の姿だからこそ語れる赤裸々な話。『ねほりんぱほりん ニンゲンだもの』は、NHK人形劇×赤裸々トーク番組「ねほりんぱほりん」を書籍化したものです。 MCL編集部(紀)

三冊堂348 (2018/05/17)

コメント投稿のための権限がありません。