2018年(平成30年)
12月17日(月)
Weather
午前10:00から
午後 6:00まで

図書館を一緒につくるサポーター「まぶさ」のメンバーと、そのアーカイブをご紹介。幕別町の文化・歴史・自然、多彩な人、ユニークな物、かけがえのないものが詰まった宝庫です!

mbs nauman 07

 「それはゾウの歯だ」。
言い切ったのは15歳の少年だった。
1969年7月26日、旧忠類村晩成(忠類市街地から東へ約14㎞)の道路工事現場。
ツルハシに「カチン!」と響きが伝わる。
土の中から出て来たのは、わらじのような模様がある石の固まり。
定時制高校に通いながら測量助手をしていた少年が、中学の教科書にあったゾウの歯に似ていることに気付く。
これがきっかけで、ナウマンゾウの骨がほぼ一頭分、世界で初めて掘り上げられたのだ。

※写真は、1967(昭和44)年に忠類晩成地区で偶然に発掘されたナウマン象の臼歯

続きを読む...

=【まぶさLED】が、幕別町のモノ・コトを集めたアーカイブ。=