2018年(平成30年)
12月20日(木)
Weather
午前10:00から
午後 6:00まで

 まぶさ(まくべつBOOKサポーター)のITジョーです。今回は、卒業制作ということで、この幕別町図書館の魅力をご紹介します。

ポイント1 「北の本箱」 ============

玄関を入って、貸出カウンターの向こう側に、のれんがかかった怪しげな入口があり「北の本箱」の看板が見えます。そこが「北の本箱」のスペースです。 作家の森村誠一さん、資生堂名誉会長の福原義春さんなどの著名人より寄贈された本がズラリと並んでいます。本棚をみるとその人の内を見ているようで興味が湧いてきます。自分の好きな作家の小説や、興味がある分野の本があるとそれがきっかけで、その方の選んだ別の本のことが気になったりして知的好奇心をくすぐられます。他人の本棚を眺めるのって、ちょっと楽しいですよね。それがここ幕別町図書館で味わえます!

幕別町図書館ホームページでの紹介 http://mcl.makubetsu.jp/index.php/main-kitahon

mbs kitahon 03

ポイント2 「カメレオンコード」 ===============

本の背の下に付いているラベル、普通は番号や記号が書かれていますよね? 幕別町図書館では、ここに「カメレオンコード」と呼ばれるカラフルなモザイク模様のラベル(2次元カラーコード)が貼られています。それともう1箇所、書架(本棚)にもカメレオンコードが貼られています。このカメレオンコードで、それぞれの本・書架を、カメラとコンピュータを使って管理しているそうです。今までの図書館のように、番号順に本を並べなくとも、好きなように配置しても、どこにどの本があるかが簡単にわかるんですね。ということは、その図書館で企画したテーマの書架を作りやすくなり、その図書館の個性がでてきそうですね。幕別町図書館では、テーマで集められた本が多く、興味を惹く書架になっているのですね。​

mbs kitahon 02

ポイント3 「ホームページ」 ==============

幕別町図書館のホームページから発信されている情報がすごい。毎日、オススメの本を紹介する「今日の一冊」。地域ならでは情報を発信している「MLCコレクション」。ここでは、みなさんの長靴ファッション紹介や、農機具の紹介など、こうして集めたのを見るのは楽しいですね。 私のオススメは、「連想検索」。こちらに、キーワードを入力して検索すると! とても面白い本が、見つかってきます。色々な本と出会えて、ほんと楽しいです。

幕別町図書館のホームページ http://mcl.makubetsu.jp/

あなたも、幕別町図書館で知的好奇心をくすぐられてみてはいかがでしょうか?

幕別町図書館(本館)
〒089-0611 幕別町新町122-7 TEL 0155-54-4488
http://mcl.makubetsu.jp/index.php/main-honkan

文/まぶさのITジョー