2018年(平成30年)
11月14日(水)
Weather
午前10:00から
午後 6:00まで

幕別町の文化・歴史・自然、多彩な人、ユニークな物、かけがえのない事などを編集して、インターネットで公開したり、図書館の本棚構成をしたり、イベントの企画・運営をするなど、図書館を一緒につくるサポーター「まぶさ(まくべつBOOKサポーター)」の活動を紹介します。

 今、65歳以上人口の7人に1人が認知症で、2025年には5人に1人が発症すると言われています。認知症はだれもがなりうる身近な病気なのです。
 大阪府で暮らす若年性認知症の当事者曽根勝一道さんと、その奥さん重美さんが帯広市内で講演しました。認知症の発症を知り「人生の終わり」と絶望した曽根勝さんは、いろいろな人たちとの出会いを通して、今やマラソンや釣り、畑仕事など、充実した毎日を送っています。絶望から立ち直ったご夫婦の言葉は、私達に考えるヒントをたくさん、くれました。
 重美さんは大阪府内でお勧めの本の紹介をしているそうです。その本を教えてもらいました。手にとって、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりについて考えてみませんか。

mbs led tenji ninchi

まぶさLEDでは、認知症の関連本などを集め、POPで紹介する「認知症コーナー」を編集しました。
本棚はこちら!⇒ 【認知症にやさしい本棚】

 

今回は4人の『きれい』『美味しい』『可愛い』etc…の写真たち。
それぞれの旅の記録が、誰かの心を動かせたら素敵だなと想像しな
がら、準備しました。
『旅に連れていきたい本』も、幕別図書館BOOKサポーターが選びま
した。
『旅と写真と本』十人十色の世界観を味わっていただけたら、幸いです。

プロデュース:まぶさLED(かくはたあさみ)

◆期間 10月8日(日)~10月29日(日)
◆場所 幕別町図書館本館 ギャラリー

photrip

夢と希望に溢れた旅の記録は、あたたの心をTRIPさせてくれることでしょう。
旅にちなんだ本と言葉を添えて、たくさんの方のご来館をお待ちしています。

プロデュース:まぶさLED(かくはたあさみ)

◆期間 6月24日(日)~7月21日(金)
◆場所 幕別町図書館本館 ギャラリー

mbs photo 01

=本と読書の新しいスタイルを探求し、実践し、検証する「幕別BookWare研究室」=

研究01:たかが栞?されどシオリ!
研究02:読書のおとも。※近日公開予定!

 

=図書館サポーター【まぶさ】の活動を紹介=