ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

日本人にとって聖地とは何か

著者 内田 樹∥著、釈 徹宗∥著、茂木 健一郎∥著、高島 幸次∥著、植島 啓司∥著
著者典拠
出版者 東京書籍
出版年 2019.4
ページ数 235p
大きさ 19cm
ISBN
4487809681, 9784487809684
内容紹介
公開講座「聖地巡礼フェスティバル」を書籍化。多年、聖地巡礼を実践してきた内田樹と釈徹宗が、3名の碩学と争った聖地論争。脳科学、歴史学、宗教人類学の視点から「日本人と聖地」の関係性を探る。
キーワード 聖地-日本 巡礼-日本
おすすめ本
この本を借りた人は、以下の本も借りています。
茂木 健一郎∥著
ニール・ゲイマン∥〔著〕、金原 瑞人∥訳
ちひろ美術館∥監修
ジョン グリシャム∥[著]
ジョン グリシャム∥[著]
養老 孟司∥著
筒井 康隆‖著
ポール リンゼイ∥〔著〕
キム エドワーズ∥著
アニカ トール∥著

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
幕別 知と文化 - 思想2-3 162.1/ニ 104553668 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。