ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

種子法廃止と北海道の食と農 地域で支え合う農業-CSAの可能性

著者 荒谷 明子∥著、伊達 寛記∥著、ミリケン恵子∥著、田中 義則∥著、安川 誠二∥著、久田 徳二∥著、富塚 とも子∥著、天笠 啓祐∥著、エップ・レイモンド∥著、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ∥著
著者典拠
出版者 寿郎社
出版年 2018.3
ページ数 167p
大きさ 21cm
ISBN
490928110X, 9784909281104
内容紹介
種子法廃止によって何がどう変わろうとしているのか。また、廃止を受けて私たちはどう行動していけばよいのか。種子法が果たしてきたこれまでの役割と廃止に至る経緯、廃止後の課題などをまとめ、これからの北海道の食と農を考える。
キーワード 主要農作物種子法 種子 北海道-農業
おすすめ本

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
忠類 新刊3 - 忠新3-1 615/シ 104544103 一般図書 貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。