ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

街場の天皇論

著者 内田 樹∥著
著者典拠
出版者 東洋経済新報社
出版年 2017.10
ページ数 247p
大きさ 19cm
ISBN
4492223789, 9784492223789
内容紹介
ぼくはいかにして天皇主義者になったのか。象徴的行為とは死者たち、傷ついた人たちと共苦することであると位置づけるウチダ流天皇論。
キーワード 天皇制
おすすめ本
この本を借りた人は、以下の本も借りています。
ワシオ トシヒコ∥編、佐相 憲一∥編
ジュノ ディアス∥著
川井 治之∥著
外山 滋比古∥[著]
桃月庵 白酒∥著、杉江 松恋∥聞き手
マイケル・ボンド‖作
稲葉 真弓‖著
ネルソン デミル∥[著]
筒井 康隆∥著
アニカ トール∥著

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
幕別 知のコーナー - 地域づくり1-5 313.61/ウ 104538006 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。