ログイン中の会員
ゲストさん
資料の詳細

■資料情報

書名

忘れられた人類学者(ジャパノロジスト) エンブリー夫妻が見た〈日本の村〉

著者 田中 一彦∥著
著者典拠
出版者 忘羊社
出版年 2017.3
ページ数 319p
大きさ 19cm
ISBN
4907902166, 9784907902162
内容紹介
1935年、熊本で最も小さな農村、須恵村にやってきた社会人類学者ジョン・エンブリー一家。戦前唯一の日本農村研究書を著し、戦後改革にも多大な影響を及ぼしたエンブリーとその妻エラが、共感をもって洞察した「協同」社会の精神を未来に向けて問い直す。
キーワード 村落-熊本県-あさぎり町(熊本県)-歴史
おすすめ本
この本を借りた人は、以下の本も借りています。
木村 靖二∥著
沖浦 和光∥著
山中 千春∥著
山口 瞳‖著
武士
下村 効∥編
栗原 俊雄∥著
天野 純希∥著
山口 瞳‖著
もりた なるお∥著
中尾 則幸∥著

 

■蔵書状況

所蔵: 1    予約: 0 件
所蔵館 所蔵場所 請求記号 資料コード 種別 備考
幕別 知のコーナー - 家族1-2 361/タ 104532321 一般図書
貸出できます
※「(配送中)」の資料については、窓口にてお問い合わせください。